Activity
活動方針

三ツ矢竹輝は、一社会に対して果たすべき責任として、音楽を通した社会の持続可能な発展に貢献することを掲げています。
ライブハウスというフィールドだけに捉われず、音楽にあまり触れる機会の無い方々にも親しんでいただけるように活動の分野を拡げています。
世帯間同士の関係性が希薄になりつつある昨今の風潮ですが、地域コミュニティが持つ横の繋がりを重視し、古き良き暖かみのある輪作り(ふるさと再生)を目標としています。
また音楽だけの切り口に捉われず、所属する市民団体「こだいらまちかどステーション」において、演劇公演や祭りの企画など様々な社会活動にも取り組んでいます。重点領域は文化。

Report
活動レポート

読売新聞 記事が掲載

2016年6月18日

6月18日(土)に発行された読売新聞の地域欄(多摩)に三ツ矢竹輝の記事が掲載されました。
新譜無料配布CD「KODAI LIFE」のことを中心に、神戸から移住した話などが取り上げられていました。

『第2回こだいらミーティング』

2016年2月28日

主催:こだいらまちかどステーション
会場:中央公民館
ゲスト講師:嘉悦大学准教授 白鳥成彦先生

【テーマ】
地域ブランディングについて

1部は実例に基づいての概要説明。
2部はそれを受けて、市民の皆様と議論を交わした。
地元の商品を広げていきたいが、やり方が分からず、実現に至っていないことが明確になった。
宣伝や販売方法に関して、世代や業種を越えた柔軟な意見を今後取り入れていく必要がある。

小平第一小学校おやじの会企画『学校で遊ぼう』

2016年1月24日

12月のみんなでつくる音楽祭でのステージが評価され、出演が決定。
初めての小学校ライブであったが、先生バンドやおやじの方々とのセッションをステージに取り入れたり、会場を大きく盛り上げた。
音楽だけでなく調理実習やツリークライミング講座にも参加し、地域の皆様との交流がより深まる1日となった。

小平単独ライブ特別編『*Xmas KODAI LIVE*』

2015年12月21日

小平での活動範囲を広げるため、花小金井Dining Café Oliveにてクリスマスライブを開催。
20名限定のチケットはソールドアウト。満員御礼。
この日初めてルネこだいらレセプションホールでの単独ライブを発表し、それは今後の活動に対する大きな決意表明となった。

『みんなでつくる音楽祭 in 小平』

2015年12月6日

小平市中央公民館で行われた、大規模なフリーイベント。
総来場者数2000名、出演者72組430名。
館内の数カ所にステージが設けられ、三ツ矢竹輝はロビーステージに出演。
初参加ではあったがロビーを埋め尽くすほどの観客が集まり、好評を博した。

『第1回こだいらミーティング』

2015年12月4日

主催:こだいらまちかどステーション
会場:小平市学園西町地域センター
ゲスト講師:松本洋平衆議院議員

【テーマ】
1.少子高齢化で今何が必要なのか
2.若ものの政治関心をどのようにして上げるのか
3.地域を元気にするためには

今国政でどのようなことが起きており、どんな事をめざしているのか 問い事についてお話をいただいた。そのお話を受けて、三つのテーマに別れ各グループで議論をしていただき、代表者の方に発表を行っていただく形式で進行。議論はかなり盛り上がり、市民の皆様がそれぞれ沢山ご意見をお持ちだと言う事がよく理解できた。

小平進出単独ライブ『2nd KODAI LIVE!!』

2015年10月16日

第2回目となる小平単独ライブを行った。会場は前回と同じ学園東町ファーストクラブ。
地道な宣伝活動が実を結び、来場者数は60名を越え、8月に続き満員御礼。
フォークソングだけでなく歌謡曲や演歌などもカバーに取り入れ、ステージの幅に広がりを見せた。

小平進出単独ライブ『1st KODAI LIVE!!』

2015年8月21日

学園東町ファーストクラブで行われた東京都小平市での三ツ矢竹輝初単独ライブ。
この日初めてということもあり、小規模会場であるとはいえ会場を埋め尽くし、満員御礼となった。
神戸を中心に活動していた三ツ矢竹輝が、単独ライブとして関西圏以外での成功を収めたことが大きな成果となった。

  • Twitter